太氣拳とは

太氣至誠拳法、通称・太氣拳(たいきけん)は、戦前の中国において国手と称された大成拳(意拳)創始者・王薌斎(おうこうさい)に師事した唯一の外国人弟子である日本人武道家・澤井健一が、戦後、師の許可を得て日本で創始した拳法である。

立禅・揺・這といった静的な鍛錬で内的な力(気)を養成し、練で力の運用を学び、推手・組手などの相対練習で実戦感覚を磨く。

大成拳(意拳)について

半歩崩拳あまねく天下を打つ、と中国全土にその強さを轟かせた形意拳の達人・郭雲深について形意拳を修行した王薌斎(1886~1963)が創始した拳法である。

taikiken_figure01

郭は王の素質を見抜き、まだ若年の王に站椿(たんとう)と呼ばれる静的な立ち稽古を専一に修行させた。王も師の強さがこの站椿によるものと確信して徹底的にこれに打ち込む。

師の死後、王は武術の神髄を求めて中国各地の武術家を訪ねて交流した。そのおびただしい他流試合の経験から、数千と言われる中国武術各派の技法を吟味し、各派に共通する原理・動きを抽出してまとめあげた。それを郭から学び独自の研究で発展させた站椿と融合させ、あたらしい拳法として打ち出したのが意拳である。

意拳の名称については諸説あるが、拳の神髄に至るために、形意拳にある形を廃して意を練ることを主体としたことに由来すると言われる。大成拳とは、「中国武術を大成した拳である」という賞賛を込めて贈られた別名である。

太氣至誠拳法(太氣拳)

青雲の志を抱いて中国に渡った澤井健一は、少年時代から武に打ち込み、柔道五段・剣道四段・居合道四段の武道家であった。
中国でも現地の武術と交流し、無敗を誇っていた澤井は、あるとき「国手と呼ばれるとてつもない名人」の存在を知る。それが王薌斎であった。

知人を介して王と会った澤井は、得意の柔道・剣道で王に挑むが惨敗を喫する。手合せの後澤井は王に入門を願い出るが「外国人は弟子にとらない」と入門を断られる。
しかし、澤井はあきらめず一週間王の元に通い続け、最後は「この拳法の修行を生涯止めません」という旨の血書まで書いて、ようやく入門を許される。

外国人であったこと、柔道・剣道といった日本武道に精通していたこと、そして物資の乏しい当時の中国にあって、毎月車で米・小麦・干し肉などをとどけて王に尽くした澤井は、ことのほか師に可愛がられたという。

のちに王薌斎の後継者となる姚宗勲(ようそうくん)をはじめ、多くの同門と国境を越えて武に打ち込んだ澤井も、終戦を迎えて帰国することとなり師の元を離れる。その際、外国人であることから大成拳を名乗らず、太気拳として出発することを許された。

taikiken_figure02

帰国後、澤井は極真会館の大山倍達館長をはじめ多くの武道家と交流しつつ自らの武を深めて行く。他流試合を積極的にこなし、その人間離れした反応力と動きで太気拳の強さを自ら示し続けた。そして、澤井の実力と人柄を慕って集まった弟子たちに、明治神宮の森の中で站椿を中心とした練功法と制約の少ない激しい組手を中心とした指導を行う。

神宮の森の稽古場には他流の修行者も多数訪れ、澤井門下生は必然的に他流試合を多数経験することとなった。他流試合で敗れ、太氣拳門下となった者も少なくない。

日本で太氣拳として指導するにあたって、澤井は独自の工夫をしている。たとえば站椿を「立禅(りつぜん)」、動きの稽古を「練(ねり)」と日本人にイメージしやすい命名をしたこと。また、空手に対する技法を独自に編み出したことや、大成拳入門以前に習得した柔の技法を「逆手」として技術体系に組み入れたことなどである。

氣について

太氣拳の稽古において、何よりまず優先されるのが「氣」を練ることである。氣とは気功法などでいう生命エネルギーという側面もあるが、武術的には、人間の持つ内的な力を瞬間的に発揮した有様・状態をいう。

澤井は王薌斎から氣について次のような説明を受けた。「気というものの雰囲気をつかむのに例を挙げてみると、水の中に魚がゆっくり泳いでいる。そこに小石をポンと投げ入れると、魚はさっと泳ぎ去る。一瞬のできごと、一瞬の速さ。気はそれに似ている。それは一般にいう運動神経ではなくそれ以上のものである」(澤井健一著『実戦中国拳法 太氣拳』日貿出版)

立禅・這・練などの太氣拳の鍛錬は、この「氣」を養成し発揮するためのものである。

立禅(りつぜん)

taikiken_figure03

太氣拳の基本にして奥義。中国武術・気功法でいう站樁(上述)である。写真のように足を肩幅に開いて一定の姿勢を取り、静かに呼吸をして心と体を整える。
この立禅により、氣を養成する。足腰・体幹部の抗重力筋の鍛練や、身体各部のつながりによる力の養成、さらには「意念(いねん)」を活用して内臓諸器官の活性化、免疫機能の向上、身体各部と神経のつながりをも強化する働きがある。休息と鍛錬を兼ねた稽古方法である。

蛇足ながら「立禅」という言葉そのものは日本の剣術にあり、澤井はそこから命名したと考えられる。

揺(ゆり)

立禅を組んだ後、動く稽古に入る前に行う動作。立禅で得た感覚を保ってこの揺を行うことで、静の極みである立禅で得た身体各部の力を動きの中で用いるための訓練となる。

這(はい)

立禅で得た内部の状態を崩さないように、深く腰を落として片足ずつ体重をかけてゆっくり前進後退を行う。神経・筋・筋肉・呼吸の鍛練であるとともに、関節の持つ力を引き出す効果もある。また、技術面においては、身法・歩法を練る稽古でもある。

練(ねり)

立禅・這でつちかった内部の力を、戦いの中で相手と接したときに発揮するための動きを伴う鍛練である。あらゆる状況において的確に対応できる心身を作り上げることがその目的である。

探手(たんしゅ)

相手を想定して自由に動く稽古。立禅・這・練などで練り上げた動きを、様々に組み合わせて動く。探手動画(島村):http://www.youtube.com/watch?v=W1UBuhX0fkU

 

相対練習

練り上げた動きを、実際に相手と向き合って試す稽古。約束組手、推手、袋竹刀、ミット打ち、自由組手などを段階を踏んで行うことで、無理なく心身を創り上げて行く。

自由組手

Copyright(c) 2013 太氣拳尚武館 All Rights Reserved.